金森 朱音 KANAMORI Akane
金森 朱音 KANAMORI Akane
金森 朱音 KANAMORI Akane
何ヲ見テ何ヲ想フ

アーティスト・ステートメント

1991年岐阜県岐阜市生まれ。東京在住。幼少期より伝統的な書道を学びながらも、18歳の時、井上有一の書と出会ったことをきっかけに、前衛的な表現に強く惹かれる。また同時期よりハードコアパンクにも影響を受けている。 Read more...
東京学芸大学書道科へと進み、書道に明け暮れた日々を送る。

2011年の東日本大震災の衝撃は、金森に「自分の書くべきものは何か」と、アイデンティティについて深く考えさせ、以後彼女の表現における大きなテーマとなった。彼女は伝統的な書道に基づいた新しい表現を模索し、墨だけでなく、絵具やキャンバスなどの画材も使用する。

多くの前衛的な書家が抽象表現へ進むのとは逆に、彼女は「文字」を書くことにこだわる。彼女の文字は、まるで生きているかのように自在に変形し、画面から訴えかけてくる。そこには自身が女性として、母親として生きる上での社会に対しての疑問や怒りなどの強い思いが存在する。その意を込められた表現は、生々しいほどに日常と密接しており、それは「生きる姿そのものなのです」と彼女は語る。今後、金森は一人の人間として、母親として、作家として、この探索をさらに進めていく。

CV
金森 朱音
 
 
1991年 岐阜県岐阜市に生まれる。東京都在住。
東京学芸大学書道科卒業
 
Solo exhibition
2014年  「金森朱音展―何ヲ見テ何ヲ想フー」(渋谷・ギャラリールデコ)
 
Group exhibition
2012年  「書宴」(銀座・ギャラリーボヤージュ)
2013年  「書宴」(銀座・ギャラリーボヤージュ)
2019年  Spiral Independent Creators Festival20(東京・スパイラル)