Commentary on the "Surreal Person" series
石井抱旦の新しいシリーズ「シュールな人」をお届けします。感覚は書、技法は絵画の「COSMOS(宇宙)」シリーズとは逆に、絵画の感覚で、書の技法を使って制作された楽しい作品です。
石井は前衛書の大家である宇野雪村と水越茅村に師事し、1970年代初頭から50年に渡って前衛書のトップを走り続けてきた屈指の書家(プロフィールはこちら)。
このシリーズでは一部の作品に部分的に岩彩が使用されており、見る角度によって輝きを放ちます。石井の人間を見る温かい目、柔らかな感性をお楽しみください(インタビューはこちら)。
すべて2019年の新作です。


書家のことば

ユーモラスであり、ポジティブでもあり、そしてシュールでもある。

「浅き夢見し」的世界。

でも、生命力にあふれています。

2019.9.1. 石井 抱旦

シュールな人 ー 石井 抱旦

Showing all 3 Items
作品を見る
石井 抱旦「シュールな人 - シュールな二人三脚」
PURE Review
"Surreal person" series makes you feel as if you were peeking through someone's dreams. The title means the avant-garde movement, surrealism that occurred in the 1920s of course, but today, when we say "sur" in Japan, it means unique ideas that are constructed far higher situations than is possible in reality. Sometimes, a longtime relationship could be "sur", so perfect for a gift to a couple who get along well. The blue mineral pigment is used partly and shine depending on the viewing angle. Not mounted. Almost A4 size, 11.8-inch long and 8.3-inch wide. It is affixed to a 0.1-inch thick board, making it ideal for a floating frame. Also lovely if you put it in a colorful frame. (We have other works in this series, so if you need a set of several pieces, please feel free to ask us.)

Please see below for other details such as size, taxes, shipping fees, etc.
Sold Out
石井 抱旦「シュールな人 - 四角いボールの上で踊ってみる」
PURE Review
シュールな人たちがグラグラする四角いボールの上で踊っている。ボールの部分には、グリーンに輝く岩彩が使われていて、見る角度によって輝く。シュールで美しい世界へようこそ! 未表装。お好きな色の額とマットの洋服を着せて、カフェやレストランの白い壁に、またはご自宅の寝室、子供部屋にも素敵。(当シリーズの他の作品もございますので、何点かセットでご入用の場合は、お問い合わせください)

Please see below for other details such as size, taxes, shipping fees, etc.
¥33,000 (税別)
石井 抱旦「シュールな人 - 夢をひろう」
PURE Review
雫のように天から降ってくるわたしの/あなたの/誰かの夢に、手を差し伸べる。夢の世界で夢をひろう入れ子のファンタジー。パールホワイトの額、アイボリーのマットに作品が浮かんだような美しい額装。縦46センチ、横38センチ、厚さ3センチ。カフェやレストランの白い壁に。寝室、子供部屋にも素敵。(当シリーズの他の作品もございますので、何点かセットでご入用の場合は、お問い合わせください)

Please see below for other details such as size, taxes, shipping fees, etc.
¥48,000 (税別)